忍者ブログ

自己啓発の猛者ども。

社労士超高速勉強術 ■■■1年足らずで行政書士・社労士・宅建の資格に合格した筆者の勉強法を公開!!




□マニュアルを読む。
□たった3つのことを実践する。
□本試験を受ける。


これだけです!
難しいこと、実践不可能なことは、一切ございません。


合格の可能性が、グ~ンと高くなります。

私もできましたから、あなたもできる可能性が高いでしょう。



社労士勉強法「社労士超高速勉強術」はどのようなことが書いていのか?※気になる社労士超高速勉強術の一部を紹介します。

社労士、短期合格のための留意点・注意点
社労士に限らず、勉強法マニュアルを実践していただくため私のこれまでの経験を基に、留意点・注意する点を主に書いています。
人間何かを成すためには、「やる気」「モチベーション」が極めて重要な意味を持ちます。
また、「やろう!」と心に決めても、なかなか実際に行動に移せない場合もあります。「なぜか?」そのことに、きちんと言及しています。
社労士勉強法の決定版「社労士超高速勉強術」をはじめよう!

社労士試験とは?短期合格のポイント

物事に打ち勝つには、まず相手を知らなければなりません。
社労士試験は、他の資格試験と違ったある一面を持っているのです。
そのことを知っているかどうかで、合格への労力や期間がぜんぜん違ったものになってしまいます。
また、短期合格を実現させる重要なポイントもここで述べています。
社労士試験を知ること、短期合格のポイントを学んでいただきます。
社労士勉強法の決定版「社労士超高速勉強術」で一発合格!

私が使った強力なテキスト
私が独学で使用した優良テキスト等をご紹介させていただいております。
また、これまでの社労士超高速勉強術での実践者様(合格者様)から最も多くの推薦を頂いたテキスト等も合わせてご紹介しています。
あれこれテキストに手を出して、結局何も身につかなかった人って、結構おられます。
また、短期合格を目指すのであれば信頼できるテキストを早期に手にすることはきわめて重要な意味を持ちます。
「何を信じたらいいかわからない」あるいは「今使っているテキストが一番効果的なのか?」そういったあなたの悩みや迷いを一気に解消します。
社労士勉強法の決定版「社労士超高速勉強術」

過去問の効果的な利用法
過去問に関しては、いろんなことが言われています。
私の過去問に関する考え方、利用方法をすべてお話します。
これだけでも合格期間をぐっと短くすることができる秘策中の秘策です。
過去問の効果的な利用で、短期合格が可能になるということを、あなたもご理解いただけるはずです。
社労士勉強法の決定版「社労士超高速勉強術」で独学を始めるあなたへ



社労士試験対策に用意する武器
社労士の勉強をぐっとスムーズに進めていただくため、効果的な武器をご用意いただきます。
「えっ!?ほかにもお金がいるの?」
すべてあわせても、数百円程度ですからご心配なく。
社労士勉強法の決定版「社労士超高速勉強術」はここがスゴイ!

6ヶ月で合格した私の勉強スケジュール
私の社労士試験対策のスケジュールを公開しています。
ここまでお読みになったあなたなら、この部分が最も興味あるのではないですか?私が何の勉強からはじめ、どういった順序で進めていったか、すべて明らかにしています。また勉強時間を明らかにしておりますので、これをもとに、勉強スケジュールを組んでいただけたらと考えています。
私はサラリーマンをしながら受験し、合格しました。
私のような状況で社労士を目指している方には、ためになると自負しています。
社労士勉強法の決定版「社労士超高速勉強術」はあなたの力になります。

勉強を長く続ける、たった1つの方法
私は、何度も言いますが勉強が嫌いでした。というか、机に長時間向かっていることが苦痛以外の何物でもありませんでした。
しかし、この「たった1つの方法」を手にしたことで、気がつくと「もうこんな時間か」と思えるほど勉強に没頭できるようになりました。こんな私でも、勉強に集中できた方法、余すことなくお伝えします。
社労士勉強法の決定版「社労士超高速勉強術」で社労士試験合格

最も重要な基本学習
ここが社労士超高速勉強術の肝となる部分であり、全てでもあります。
この章だけでも、読んだ方のほとんどが「目からうろこ」と納得していただけることでしょう。結局、社労士試験短期合格のために必要なことは、○○と○○と○○なのです。
このことを知らなくても、社労士の試験に合格できるかもしれません。
ただ、間違いなく合格までの期間は長くなるでしょう。
ここは特に重要なところですので、Q&Aでわかりやすく構成しています。
社労士勉強法の決定版「社労士超高速勉強術」

各教科の学習のポイント
社労士受験科目、全10教科についてポイントを記載しています。
受験科目は、それぞれ難易度も違い、また当然のことながら勉強の仕方も違います。
たとえば、「労働安全法」は多くの社労士受験生が苦手とする科目です。では、どういった姿勢でこの科目に臨めばいいか、そういったことを詳しく説明しております。
社労士勉強法の決定版「社労士超高速勉強術」は独学で合格できます。

単なる模擬試験で終わらせないノウハウ
模擬試験は、単に「何点だった」といって喜んだり落ち込んだりするものではありません。
模擬試験を効果的に使えば、ものすごく有効なものになります。
模擬試験の対応の仕方、その結果を踏まえ、起こすべき行動、間違った問題の分析の仕方など細部にわたって説明しております。
社労士勉強法の決定版「社労士超高速勉強術」を実践しよう。

直前期から試験当日の行動
ここでは直前期の勉強のポイントと本試験での集中方法を具体的に記載しています。さらに、択一式の解答テクニックについて記載させていただいています。また試験当日はどうしても緊張してしまい、集中力が散漫になりますので、ここでも私が行なった、集中力を高めるある方法をご紹介しています。
社労士勉強法の決定版「社労士超高速勉強術」はここがすごい。

試験本番の必殺技
なんといっても一番重要なのは、試験本番の時間です。いくら一生懸命勉強しても、試験本番で効果的でない行動をとっては何にもなりません。
ご存知のように、社労士の試験は選択式です。
選択肢攻略の、重要なポイントを具体的に提示しています。
たとえば、わからない問題、答えに迷う問題に出会ったときの対応の仕方や上手な時間配分のとり方など、実際に戦いの場でどう立ち回ればいいか、こと細かく記載しています。




>>>社労士超高速勉強術 ■■■1年足らずで行政書士・社労士・宅建の資格に合格した筆者の勉強法を公開!!





PR

コメント

プロフィール

性別:
非公開

P R